木下直子の気ままな日記
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 7月20日西荻窪ARTRIONでのワンマンはいつもと全く違うものになりそうです。 | main | 北海道3日間、感謝と謝罪を込めて。 >>
ついに。「灯台」リリース!!!
なんと前作のCDから2年半も経っていました。

時が経つのはほんと早い。

その中でいくつの作品をこの世に残せるだろうか。ってふと考える。

でも木下直子って名前を背負ってるわけだから、何でもかんでも出せばいいってわけじゃないんだ。

これだ!これをみんなにずーっと長く長く愛して聴いて欲しいんだっていう曲が出来た時に出したいと思っている。


そんな曲。木下直子の真骨頂が出来ました。

「灯台」

この曲は、あるユニットの解散のはなむけとして作った曲なのですが。

それだけではなく。

人生という旅の中で、それぞれ誰しも、明るい時だけではないだろうと思うの。
でももし、暗い時があっても大丈夫。
きっとすごくすごく先の方には本当に細い光かもしれないけど誰かが照らしてくれてるから。
私もそうやってここまでやってきたから。

だから、このまま進んで大丈夫だよという応援歌なのです。
そして、私自身も音楽や仲間や、家族、聞いてくれるみんなに照らされていたから。
そのままのみんなのままで、きっと誰かの灯台なんだよという想いも込めています。
だれかたったひとりでも構わない。
目の前が真っ暗だと感じている人がいるなら、私は歌うことでその誰かの灯台になれたら嬉しい。


気づけば語ってしまいましたが笑

本日10/25はその灯台のリリース日です。

先行販売を名古屋と大阪でさせてもらいましたが、ここには色々問題もありました笑


正規のリリース日は25日だったのですが、その数日前の2日間の遠征。
たくさん通わせてもらっている大阪と名古屋に年内にこのCDを持っていけないのなんて嫌だ!と思いまして。

この2日間のために、プレス会社、ジャケット印刷会社を正規リリースものとは別の場所に発注して、間に合わせたのですが!

その印刷会社が全然ダメで。
グラデーションとか使ってないのに藍色が、ページによっては黒になってる。
元々出したデータではそんな効果はしてないから、これはひどい!
と思い会社に電話するものの、
場所によって色の濃淡が出ますとかなんとか言われたりして。

ちょっと濃いですかねー?
でもこんなものなのでは?
くらいのこと言われまして。

いやいやいや。
私は御社にとって大口の顧客ではないかもしれませんが、これは明らかに雑なお仕事ですよ?
一つの絵を切り取って表ジャケと裏ジャケを作っているので、濃淡がこんなに出るわけないですよね?
なんなら、インレイ(CD盤面が入ってる下の部分)はちゃんとした色味ができているのだから、御社でその色味が出せないわけではないですよね?
と再三、淡々と同じことを10回くらい言ったでしょうか。

一度確認しますと言って電話が切れ、2時間後。
「私共のミスでした。返品交換させていただきます。本当に真っ黒でしたね。」
と言われました!!
うん。だからずっとそう言っていたよね?笑


なんとか無事に勝利を勝ち取りました。

CDは大事な子供みたいなものです。
音はもちろんのこと、ジャケットだって
デザインの子が音源を聴いてイメージ膨らまして作ってくれた色味やデザインです。
それを勝手に全然違う色にしないで欲しかった。

伝わって良かったな。
普段から怒らないから、その日発熱しちゃったけどね笑
ともかく、そんなことが先行発売直前にあり、てんやわんやだったのですが。

それなのに!その日当日にレア盤CDを手に取ってくれた皆さまありがとう。
新しいジャケットは届き次第、みなさまそれぞれに責任を持って郵送させていただきますからね!

それでは北海道に行ってまいります♪

たくさんの人にこのCDを手に取ってもらえますように!!




「灯台」5曲入り 2000円
1光と影
2灯台
3夢みたいだ
4バクのうた
5シャボン玉
スポンサーサイト